安心堂

お問い合わせ:TEL・FAX 072-270-8360 営業時間はこちら

メディア掲載

安心堂白雪姫が、これまで雑誌や書籍などのメディアで紹介された一部を紹介いたします。

道経塾

2012年9月号

特集  成長の時「ただひたすらにお客様の喜びのため」
悪びれず、ひるまず、いつもほのかに

広告宣伝一切なし、買ったお客が礼状を書きたくなるというこの店の歴史は、絶えず創造と挑戦、生みの苦しみを喜びに変えた、一組の夫妻の物語でもあった。

商業界

2010年10月号

義を先にして利を後にする者は栄える
「誠実こそ最強の商法」
お客の喜びのために一隅を照らす商いに徹する 「安心堂  白雪姫」と紹介されまし た。

PHP Business Review

2006年新春号

元気企業探訪コーナーにて紹介されました。
「安心堂白雪姫」商い人の精神で、本物を生み出すお豆腐屋さん
誠実さ、心持のあたたかさ、縁というものが大切な財産であることを知っている人は多い。しかし、いざ商売となるとそれらを必ずしも優先出来ない場合もある。ところが、小さな事の積み重ね、日々の精進、そして感謝を中心に置いた仕事ぶりで、日本全国のファンに支持され続けている小さなお豆腐屋さんがあった。

THE 店長会議

2005年夏号

シリーズ特集
こころをかたちに 第9回  美味しい豆腐を作り続けて20年、楽しきかな、商人人生
安価な食べ物で最高の感激がある! 安心堂白雪姫(大阪府堺市)橋本太七・由起子
夫婦の巻
店頭で感じるモノづくりへの想いがお客のハートに訴える

日経ベンチャー

2003年12月号

特集 妻(わたし)は裏切らない〜覚悟を決めた社長の妻達
一番身近で、最も信頼できる協力者。多くの経営者にとって妻は、そんな存在だと言え る。しかし、近いからこそ見えないことがある。あなたは、会社の命運を変え得る妻の才 能を何も知らぬまま潰してはいないだろうか?

夫がお豆腐屋になった日 「ありがとう」で歩んだ妻の20年 顧客から感謝状が届く お豆腐屋さんがある。「白雪姫」ブランドで知られる大阪府堺市の安心堂。繁盛の陰に、 夫を信じつづける妻の深い愛があった。

グラフさかい view

2003年 vol.55

情熱エキスプレス
安心の豆腐、堺から全国へ
橋本太七 祈りを込めた豆腐 安全な食の守り人 と紹介される。

落ちこぼれ創造と挑戦で人生を泳ぐ

2001年 桑原聡子 著

第七章
人気の豆腐舗「安心堂白雪姫」橋本夫婦の「ちいな店の巨きな商い」
その根底に生きる師匠梶谷忠司の商人哲学

地域から日本を変える

1993年3月号

顔の見える企業5 安心堂白雪姫
豆腐ひとつに祈りを込めて
国産大豆と天然にがりに、ミネラルウォーター。日本一美味しい豆腐を多くの人に安心し て食べてもらいたい。こんな願いから、「白雪姫」は生まれた。

安岡正篤「宇宙と人生」

神渡 良平 著

第一章 安岡正篤に励まされた人々
2「一隅を照らす」豆富に賭けた人生  として安心堂白雪姫  橋本多七・由起子さんと紹介される。

ページの先頭へ

安心堂
〒599-8238  大阪府堺市中区土師町1丁目12−13|TEL・FAX:072-270-8360
Copyright (C) ANSHINDO SHIRAYUKIHIME. All Rights Reserved.